【 ツル性植物<用途> 】

【 カラーリーフ・紅葉 】

小さな家の植物の小さな紅葉

先日から紅葉の話を少ししていますが、日当たりが足りないせいか何年も紅葉しなかった管理人のヘンリーヅタが今年初めて紅葉しました。春に誤って引っこ抜いてしまい根もほとんどない状態で死んだかと思っていた弱々しい株でしたが、何とかこの春生き返った...
草花

秋咲き水仙「オータム ジュエル」、オオバジャノヒゲ「コクリュウ」の秋の開花。里子に出した九尺藤の事

2020/11/13 こんにちは。ケヤキが綺麗に紅葉しています。関東は今が紅葉シーズンですね。我が家では藤の葉が黄色く紅葉していますが、狭い敷地の片隅で3鉢の鉢栽培の藤を育てているため油断すると隣の敷地に葉が落ちてしまうので、一面に...
クレマチス

今年アップしそびれた植物たち~「続・残暑~秋のクレマチス」~

こんにちは。今日は先日に引き続き、四季咲きクレマチスの残暑~秋の様子を載せてゆきたいと思います。ヴィオルナ系やビセチラ系クレマチスの3番花は9月に咲きました。ちなみに10月末現在4番花が数少なめに開花中です。 ビチセラ系クレマチ...
スポンサーリンク
クレマチス

今年アップしそびれた植物たち~「残暑~秋のクレマチス」~

昨日は夏咲きクレマチスの残暑から秋の様子をアップしましたが、今日は普通の四季咲きクレマチスの様子を載せます。 黄色いクレマチス「レペンス」と、斑入りヘンリーヅタの事 カンパネラ系、コンターナ系クレマチスの「レペンス」は春か...
クレマチス

今年アップしそびれた植物たち~「夏咲きクレマチスの秋の様子・紅葉」~

6月からは半日陰~日陰の住人になってしまう管理人宅のクレマチスたち。敷地が狭い事と日差しが充分ではないせいで秋の開花はあまり充実しません。夏の2番花は少しでもツル同士が重ならないよう誘引をしっかりすればそこそこ咲きますが、秋の3番花は勢い...
草花

今年アップしそびれた植物たち~「秋の植物編2」~

茉莉花(マツリカ) マツリカの花は関東では初夏から秋まで咲く四季咲きで、9月に最後の本格的な開花を迎えます。10月後半に入った現在も数輪程度は咲いていますが、やはり9月のマツリカが今年最後の立派な花だと思います。成長期は2階のベラン...
草花

玄関のドライフラワー・ミニ観葉

(1記事内の画像が多くなってしまう傾向があるので先日の記事を分割しました。)管理人の家の玄関です。古びた昭和の家でしかも狭く物でごった返してしまい、、なかなかおしゃれにコーディネートできず結構手抜きです(^-^; 2020/10...
【よじ昇りタイプ<用途_ツル性植物>】

夏の恵みを頂きました

9月に入り、この夏庭で実った恵みを頂きました。鉢栽培のフルーツです。 2020/9/8 丁度食べごろです。良い香り。大好きな香りです。ある程度熟してくるとカットしなくても果皮の上から香ってきます。自然落下後20日経っています。...
クレマチス

夏の花、残暑の花【2】~真夏の芳香性クレマチスとシェードガーデンの花~

アップしたい事は沢山あるのに更新がなかなかできずにいます汗 もう一部のリコリス(彼岸花)も咲き始めていて夏の花というタイトルは遅い気がしてしまいますが、前回・前々回の記事に続いて狭い我が家の軒先で暑さピークの8月に元気に咲く花の様子...
【よじ昇りタイプ<用途_ツル性植物>】

夏の花、残暑の花【1 マツリカ、温帯性スイレン、熱帯性スイレン、サボテンの香る花】

出張前の予約投稿です。芳香性ホスタの白い魅惑の花や柱サボテンの妖艶で大きな花、蓮の花以外にも狭い我が家の軒先で8月に咲く花はあります。 前編では花姿が夏らしい艶やかな花を載せたいと思います。 2020/8/18 8月によ...
【よじ昇りタイプ<用途_ツル性植物>】

小さな庭の8月の収穫

管理人の小さな敷地でも8月はフルーツの収穫があります。小さな庭と書きましたが庭はないに等しく、正しくは玄関先の鉢栽培のブドウやベランダの鉢栽培のパッションフルーツです。 ぶどう 今年はカメムシの被害が大きかったヤマソービニオン...
クレマチス

続・日照不足と長雨が続く中頑張っている植物たち【スイレン&クレマチス&カビコケ編】

先日の寄せ植えの記事に引き続き、庭のない狭い管理人宅で最近の日照不足の中でも頑張っている植物たちのお話です。(当記事は梅雨明け後の公開記事になりますが7/30に予約投稿した記事で丁度日照不足と長雨が直前まで続いていた時の記事になります。)...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました