優しいクリームイエローの卵型チューリップ 『 クリームフラッグ 』 

ちょっとずつ秋植え球根が芽を出してきました。

本当はスノードロップを沢山植えたかったのですが、1年前なぜかスノードロップウェルシーの開花率がいまいちだったため今季は球根の購入を控えました。

今年の春咲球根は先日アップしたラケナリア6種とイリス3種(ブルーヒル、キャサリン ホジキン、レティキュラータ パープルヒル)が最初に咲きそうです。

2020/1/25

 
(↑ブログランキングとブログ村の2つのランキングに参加しています。2つのアイコンをクリック頂けると更新の励みになります☆)

12月の終わりにやっと植えたチューリップの球根も少しずつ芽が出てきています。
まだチューリップが咲く時期でもなくちょっと時期外れではありますが、去年なかなかチューリップの様子を思うようにアップできなかったので、管理人宅で去年球根を植えて咲いたチューリップのうち印象に残ったものを中心に画像多めで少しずつアップしたいと思います。
本当はチューリップの球根を植え付ける去年の秋に記事をアップしたかったのですがあの頃ブログが全く更新できなくて今更ですが。

クリームフラッグは大人でも使いやすい優しいクリームイエローの卵のように丸みのある花が咲くチューリップ。
開き始めの優しいイエローもとても好みですが、優しいタッチのイエロー →ク リームイエロー → クリームとここから約3週間の間で徐々に花びらの黄味が退色してゆきます。

2020/3/22

明るいクリームイエローは青やグリーン系の花と合わせるのが好き。

2020/3/22

個人的にチューリップは開く1~3日前の蕾が好きなのです。
1日で黄色が薄くなったかな。

2020/3/23

このクリームフラッグは黒い茎と卵型の花もとても魅力的。
12時台の一番花開く時でもパカーっと花は開かず少しすぼみ気味で咲きます。開花が進むにつれ、正午前後の花の膨らみはどんどん丸みを帯びてゆきその綺麗な卵型に最後まで魅入ってしまいました。

2020/3/27

花が閉じるとこんな感じ。

2020/3/31
2020/4/4

引いて見ても茎が黒っぽいのが分かります。

2020/3/30

すこし日付を戻して、下の画像はクリームフラッグの開花が始まったばかりの3/27のものですが、クリームフラッグの後方で白い八重チューリップ「ノースキャップ」はそろそろ花も終わる頃で最後に華やかに咲いています↓
チューリップはどうしても太陽を求めて開花が進んだ花から前傾姿勢になり垂れてくるので横や斜めから見た方が表情が出ます。

2020/3/27

ちょっと日が傾いて西日を浴びると淡いトーンの花たちがパっと輝くよう。
ちなみに奥の方で黒いトレリスにぶら下がっている白い小さなベルのような花はクレマチス「アンスンエンシス(ウィンターベル)」。うちのウインターベルは何故か毎年遅咲きです。


2020/3/27

クリームフラッグの球根を植え付けた鉢を正面から見るとこんな感じ。
クリームフラッグが青いムスカリより低い位置で咲いていますが、ムスカリは3号ポット鉢を埋め込んでいるため背が高いだけ。本来の背の高さはムスカリ< ヒヤシンス< チューリップ の順なので球根を植え付けるとしたらヒヤシンスの前です。

2020/3/27

4/4になってもノースキャップの最後の一輪が花びらを数枚残してかろうじて残っていますが↓、この鉢は4月に入るとノースキャップから手前のクリームフラッグとスプリンググリーンに完全に主役が交代しました。3月中は咲いていなかったやや遅咲きタイプのスプリンググリーンも咲き始めました。このころはクリームフラッグの卵のような花の丸みが際立ってきて、開花が進むにつれ少しずつ黄色が抜けてクリーム色になります。
クリームフラッグは最後まで卵型をキープしていました↓

2020/4/4

一緒に植え付けたノースキャップや黄花ヒヤシンスの開花が終わってしまい空いたところにビオラやクレマチスを合わせて。2個上の約10日前の同じ鉢と随分様変わりしました。

2020/4/8

咲き進むと退色が進んでクリーム色になり最後にはうっすら赤い色が浮き出てきます。

2020/4/10

そして卵っぷりにも更に磨きがかかってきます。
隣では牡丹や早咲きクレマチス、アマドコロが咲いています。

2020/4/10

卵勢ぞろい。咲きが少し広がるスプリンググリーンと比べても卵が引き立ちます。
結構色が抜けてきたけどほんのり黄色が残っていて咲き始めの黄色も散る前のクリームも全部可愛かったです。

2020/4/12

後ろのノースキャップがいたところに少しだけ隙間があったのでハッピーアップスターのポット植えを置きました。淡いクリームイエローの花はどんな色に合わせても違和感ありません。

2020/4/12

可愛らしいだけでなく、自然な雰囲気にもなじむクリームカラーでお庭があったら地植えにもしてみたいチューリップ。

2020/4/16

チューリップは他の遅咲き品種も植えたので4月末まで楽しめましたが、クリームフラッグは去年は4/17には散り始めました。早咲きでも遅咲きでもなく中咲きでしたが、牡丹や早咲きのクレマチス、アマドコロなどとの競演も楽しめました。

2020/4/17

チューリップは開花後雨に当てないようにすれば20日開花を楽しめます。蕾の時期も入れるともっと長く楽しめますね。
管理人宅は春に西日が当たる場所にチューリップの鉢を置いていますが、午前中に日が当たる場所だと更に長く楽しめると思います。

「クリームフラッグ」はほんのり黄色が入ったクリームイエローの優しい色以外に丸みのある卵型シルエットや黒っぽい茎がツボにはまり今季も球根を植えたかったのですが、どこを探しても売っておらず、今季は諦めその代わりにホワイトフラッグとバニラクリームの球根を植えました。
チューリップ クリームフラッグ、来季は球根に出会いたいです。

 
(↑いつもブログをお読み頂きありがとうございます(*^^*)。ブログ村とブログランキングに参加しています。上の2つのアイコンをクリック&応援お願いいたします☆)

コメント

タイトルとURLをコピーしました