春の息吹続々と

 
(↑ブログランキングとブログ村の2つのランキングに参加しています☆上の2つのアイコンを押して応援頂けると記事更新の励みになります(*^^*))

河津桜が綺麗に咲いて、一日一日球根の花数も少しずつ増えてきて春が駆け足で通り過ぎています。といってもまだ球根の開花シーズンの駆け出しで春はこれからが本番。この球根の寄せカゴもまだ2分咲きくらいです。スイセン、ムスカリ、原種チューリップ、シラーなどの球根を年明けに慌てて詰め込んだものです。ほとんどの球根が前シーズンからのもの。

2022/3/11

上の春球根放り込み寄せカゴに植えたムスカリはまだ蕾ですが、ホームセンターで買った芽出し苗のムスカリ「ブルーマジック」は今満開を迎えて綺麗です↓
ムスカリの、このほんのりジワ~っと内側から染み出るような水分に満ちた花弁のほんのりした艶が好きで毎年夢中になってしまいます。

2022/3/11

どの品種も大体こうやってほんのりパール感の優しい輝きを持っています。赤ちゃんのお肌みたいにみずみずしいムスカリのお花です。
それを言うなら他の花も全部同じですがムスカリくらい肉厚だと繊細な艶が写メに写りやすいです。

2022/3/11

そしてなんと3度目の正直の羽衣ジャスミン。1個は前にブログに載せましたが狭い敷地で作業中に自分の家の車にひかれ、もう一個は早く植えすぎて寒風に蕾を全滅させられてしまいました。
ちなみに斑入りの羽衣ジャスミンもまた別にあって既に昨年末に購入済み。そちらはずっと無事で蕾も出てきていますがやっぱり斑入り種でない方が蕾の数が多いです。

2022/3/11

この羽衣ジャスミンは最初寄せ植えに使おうと思ってましたがもう明日にも咲き始めそうな蕾もあるので諦めます。花も可愛いけどやっぱり寄せ植えではこの蕾姿の頃までしか使えません。開花が進むとツルが伸び出してきてしまうので。寄せ植えに使うとしたら2月頭に蕾が沢山付いた苗を購入して早めに寄せ植えを作り開花が終わる3月一杯か4月頭まで楽しむのが一番ですが、ツルがもう少し伸びたら単鉢でバードケージに入れても可愛いです。

羽衣ジャスミン ハゴロモジャスミン 蕾 Jasminum polyanthum
2022/3/11

種から育てたロマネスコ、ロマネコも段々尖ってきました。でもサイズが小さくて、これから大きくなるのか、このくらいなのかよくわからずじまいです。小苗の頃に一度毛虫よけの農薬を土に少しまいてその後は冬だからと気を抜いていたら結構葉を青虫に食べられてしまいそのせいで蕾が小さいのかもともとこれくらいのサイズなのか不明です。色は最初もっと黄緑色でしたがだんだん黄色っぽくなってきました。次はカリフラワー「みなれっと」の方を育てて比べてみたいかも。

2022/3/11

冒頭の球根寄せ植えカゴの中身の話に戻します。
先日の記事では1個しか咲いていなかったミニアイリス「ブルーヒル」も昨日10日に見たら2個咲いていていました。水やりはしていましたが数日間全く花を見ていなかったのでいつ咲いたのか不明。今日は花が3個に増え、明日は5個咲く予定です。こうなるともう球根の開花がどんどん駆け足で過ぎてゆきます。

2022/3/10

原種チューリップ「ポリクロマ」も咲き進んでうっとり

原種チューリップ 「 ポリクロマ 」 イリス アイリス レティキュラータ 「 ブルーヒル 」 ミニアイリス  Tulipa 'polychroma' Iris reticulata 'Blue Hill'
2022/3/10

原種チューリップ「ポリクロマ」の日中花開いた姿↓

原種チューリップ 「 ポリクロマ 」 Tulipa 'polychroma'
2022/3/11

朝夕のシックな蕾姿とどちらも素敵です。

原種チューリップ 「 ポリクロマ 」 イリス アイリス レティキュラータ 「 ブルーヒル 」 ミニアイリス  Tulipa 'polychroma' Iris reticulata 'Blue Hill'
2022/3/10

この↑翌日↓、ミニアイリス「ブルーヒル」も2個から3個に花が増えました。花が重なって分かりにくいですが3個咲いています。大きな蕾がもう一個控えているのでまた明後日頃に花が増えそう。
周りのムスカリも花色が水色なので蕾の色もまだグリーンで画像では分かりにくいですが蕾が続々上がってきています。

原種チューリップ 「 ポリクロマ 」 イリス アイリス レティキュラータ 「 ブルーヒル 」 ミニアイリス  Tulipa 'polychroma' Iris reticulata 'Blue Hill'
2022/3/11

ミニアイリス、アイリス(イリス)レティキュラータは品種にもよりますがこんな感じ↓でシュっと花茎を伸ばして葉もスッと短い割りばしのように真っすぐ伸びます。なので地植えで足元で楽しむ場合はあまり気に生りませんが、寄せ植えにすると手前が少し寂しい場合も。後ろに合わせる植物は地植えでも寄せ植えでもいくらでもありますが葉が伸びるので、例えば地植えの場合は少し高い位置で咲くクリスマスローズがぴったりかなと思います。

イリス アイリス レティキュラータ  ミニアイリス  Iris reticulata
2021/3/17

そしてミニアイリスの手前に合わせる植物は、この画像で分かる通り小型サイズの原種チューリップや早咲きのシラーやプスキニアなどもぴったりの相性だと思います。

2022/3/11
2022/3/11

ただミニアイリスも原種チューリップもシラーもプスキニアも品種により開花時期が異なりますので、できるなら開花時期が重なるものがいいですね。

2022/3/11

原種チューリップ「ポリクロマ」も他にも蕾が上がってきています。
このカゴは本当は色々な草花と合わせたかった球根類を、時間がなく組み合わせを考えるゆとりもなく年明け早々に慌ててまとめて放り込んでしまったものなのですが、明後日頃には原種チューリップ「ポリクロマ」とミニアイリスだけで更に花数が増えてもう少し賑やかになりそうです。

2022/3/11

今咲いているアイリス(イリス) レティキュラータ「ブルーヒル」より色が濃いレティキュラータ 「パープルヒル」も蕾が出てきていて明日明後日には咲きそうです。

原種チューリップ 「 ポリクロマ 」 イリス アイリス レティキュラータ 「 ブルーヒル 」 ミニアイリス  Tulipa 'polychroma' Iris reticulata 'Blue Hill'
2022/3/11

ただあえて他の小さな春の球根花と組み合わせなくても、それぞれ別で単体で群生させても、混植にしてもどちらも可愛いです。特にこの原種チューリップ「ポリクロマ」の渋いグレーが買ったグリーンのアンティークカラーのお花はミニアイリス「ブルーヒル」から見るととてもしっくりくる組み合わせではあるのですが、「ポリクロマ」だけを単体でまとめて植えた姿も雰囲気があって素敵です。庭があったらこの子だけ少し群生させたコーナーを作りたいかも。
他にもミニアイリスとミニサイズの原種チューリップをこの鉢に植えているので開花時期や相性を引き続き見守ってゆきます。

2022/3/11

 
(↑いつもブログをお読み頂きありがとうございます(*^^*)。ブログ村とブログランキングに参加しています。上の2つのアイコンを押して応援頂けると記事更新の励みになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました