斑入り葉などの芽吹き

 
(↑ブログランキングとブログ村の2つのランキングに参加しています。2つのアイコンをクリック頂けると更新の励みになります☆)

ギボウシ(ホスタ)の斑入り葉が展開しだすのはもう少し先ですが、今の時期ならではの新しい綺麗な斑入り葉も出てきています。葉が綺麗に出そろっているチューリップも斑入り葉などがありますね。

ブログにアップしたい春の花は沢山ありますが、今日は春先に新しく出てきた斑入り葉をメインにした記事です。

下の鉢はRhodesの家の2年前の玄関先の鉢の様子のひとコマ。チューリップはもう咲き終わり花はカットしてありますが、残ったせっかくの斑入り葉を有効活用したものです。斑入りホスタ2種とフランネルフラワー、コクリュウと組み合わせています。ちなみにコクリュウとチューリップ(の葉)以外はポット鉢という直植えとポット寄せをmixした寄せ植えになります。細い外斑の葉が斑入りチューリップの葉、クリームの外斑または中斑の太い葉はホスタの葉です。

2019/4/27

この細い斑入り葉は「 シルバーパーロット 」というチューリップの葉です。
以下は2年前に玄関先の鉢で咲かせた時の画像です。

2019/4/11

手前がホスタ「 ブルー アイボリー 」の葉、奥に見える細く白い外斑の入った葉がチューリップ シルバーパーロットの葉です。こうしてみるとホスタと遜色ないチューリップの斑入り葉だと思いませんか?ホスタに比べると存在感は薄いですが

2019/4/26

こうすると花が終わってもカラーリーフとして使えそうにも見えますが、暖地のチューリップの葉は開花後比較的早くにクタっとしてきて色艶が悪くなってくるので早合点して喜べません。花後はわずかな間しかカラーリーフとして楽しめないので短期限定の寄せ植え(寄せポット)です。

2019/4/30

上のチューリップはRhodesの家ですが、下の3種のチューリップはよそのお宅に植えた今季のチューリップです。

クリームの外斑の葉。こちらは「チャイナタウン」

2021/3/22

ほんのりピンクがかったクリーム斑は「ハッピーアップスター」

2021/3/19

黄緑の斑入りなんかもあります。フローズンナイトというパロット咲きチューリップで今季はどこにも球根が売っていませんでした。
フローズンナイトの黄緑の斑入り葉の前に、去年咲いたフローズンナイトの花の画像です。去年のチューリップは載せていないものが結構あります。

2020/4/24

フローズンナイトは魅力的な花に薄緑~黄緑の曖昧な斑入り葉という絶妙な組み合わせでかなり素敵なチューリップ。球根をもっと販売して欲しいですが、去年咲いた時花茎が長く倒れてきてしまったためどちらかというと切り花向けなのかもしれません。鉢植えにしても花があちこち倒れ踊っているように見える姿が芸術的で素敵に見えますが、うかつに動くと何かしら花や枝を折ったり鉢を倒したりするほど狭いRhodes宅の敷地では確かにフローズンナイトの枝垂れたチューリップの大鉢の扱いには困りました。

2021/3/19

西陽を浴びて。チューリップの白い斑入り葉はよく見かけるし綺麗ですが、この微妙で曖昧な黄緑の斑入り葉も結構好きです。

2021/3/19

日没前の暗くなってきた頃。
画像では分かりにくいかもしれませんがクリームの斑入り葉とは一味違います。
花は今年は咲かないと思います。去年花後に根を切りながら球根を無理やり掘り上げてしまったのであと1年養生させて来季に咲くかどうか見たいと思います。

2021/3/15

続いて斑入り葉ではありませんが、チューリップ「 バニラクリーム 」の赤い筋の入った葉。
葉にピントを合わせて花がボケとんでいますが花姿はまた後日載せたいと思います。

2021/3/24

チューリップはまだら模様のヒョウ柄のような葉模様の品種もありますね。なかなか球根を買えませんがいつか育てたいと思っています。
チューリップは基本の青い葉自体が綺麗なので斑入り葉ともなると麗しさも抜群ですが、チューリップはここまでにします。

続いてガクアジサイ「 レモンウェーブ 」の葉。

2021/3/21

グリーン系数色とイエロー、クリームの色が混じり合っています。もっと葉が増えてきたら綺麗でしょうね。ちなみによそのお宅に植えたものです。

2021/3/21

この場所は去年まで宿根草メインでしたが諸事情から宿根草を取り去り別の場所で大事に育てていたレモンウェーブを急遽持ってきました。
ホスタやら何やらほとんど抜いてしまいました。シュっとした葉姿の斑入カキツバタとヤブランモンローホワイト、畑地性カラーの球根のみ残して。

2021/3/21

ちなみにここは去年までは宿根草や他のアジサイでワサワサでした。

2020/5/8
2020/5/10

葉色、花色だけ見てバシバシ植えてしまい、バランスにかけワサワサしすぎているため、本当はこれらをこの中で移動&微調整し整えなおして半日陰の宿根草を楽しもうと思っていました。

2020/6/20

紫陽花レモンウェーブ+わずか数種のリーフ系宿根草でもすっきりしていいかもしれませんね。


さて、お次は斑入りフウチソウ。こちらも芽吹いてきました。

2021/3/22

斑入りではありませんが、こちらはニシキシダ シルバーフォール。こちらもまだ芽吹いたばかりで小さくまだ綺麗と言える状態ではないかな。これから大きく綺麗な葉が育ってきます。こちらもよそのお宅に植えたもの。
シダの芽吹きは他にも多種あり止まらなくなるのでここではシルバーフォールだけ載せておきます。

2021/3/22

セダム「 パリダム 」もよそのお宅に植えたもの。
少しブルーがかった明るいグリーンの葉で今の時期は特に綺麗です。

2021/3/22

セダムの芽吹きで「 フロスティモーン 」が今丁度綺麗な葉が出始めていますがまだ写メに撮っていません。以下は去年のフロスティモーンの芽吹き画像です。これもよそのお宅に植えたものです。

這性or高性セダムの芽吹きの綺麗な葉姿をあげると多種に渡りますがひとまずこの辺にしておきます。去年も確かすごく長い記事になってしまったので。

最後に、斑入り葉ではありませんがフリチラリア ペルシカの葉も綺麗です。
下は1週間近く前の画像ですが今はもっと伸びてきています。写メを撮ったのですがパソコンにまだ取り込んでいなくてまた後日ブログにアップしたいと思います。

2021/3/19

今のRhodesの家は車1台を家の前に横づけで停めるだけのスペースしかなく小さくても庭と呼べるスペースがなく、よそのお宅で管理している植物のブログ出現率が高いですが、このフリチラリアペルシカはRhodesの家のプランターに植えたものです。

 
(↑いつもブログをお読み頂きありがとうございます(*^^*)。ブログ村とブログランキングに参加しています。上の2つのアイコンをクリック&応援お願いいたします☆)

コメント

タイトルとURLをコピーしました