冬のカラーリーフに咲く8月の花

『8月の花【後半】』の記事の前に、冬はカラーリーフとして活躍し、初夏から夏は花が咲いてくれる優秀な宿根草の事をアップします。

冬にカラーリーフとしてパンジーやビオラの寄せ植えに使っていた子達は初夏に花を咲かせ、残暑の今もまだ花を咲かせています。
管理人宅は植える場所がないので3号程度のポットに入れた状態で状態で敷地の隅に置いているものが多く、少しだけ花が咲いていますが、地植えにしたり5号程度の鉢に植えて管理できる場所があれば初夏から夏まで花が楽しめます。

冬がダークカラーのカラーリーフとして、初夏から夏は緑色の葉に変わり花が楽しめる、優秀なカラーリーフの宿根草です。

スポンサーリンク

オレガノ「ヘレンハウゼン」

オレガノ「ヘレンハウゼン」は冬の間寄せ植えで活躍してくれたダークリーフですが、春から枝が伸び始めて葉色は緑色に変化し、初夏に花を咲かせてから夏になっても咲き続けています。
管理人の家は敷地が狭く庭がないのであくまで冬の寄せ植えで使用しています。
初夏には置く場所がなくなるので小さな2.5~3号ポットに入れて敷地の隅に置いておくか、または場所を貸してくれたご近所の敷地の一角に植えさせてもらっています。
ポットに入れたままのものは花が咲かず、地植えにさせて貰ったものは初夏から晩夏までずっと花が咲き続けています。

8月の花

画像を撮り忘れてしまいましたが、蕾は濃いローズピンクで可愛いんです。
敷地があれば地植えにして四季折々の植栽を楽しめる優秀な宿根草だと思います。

2020/8/6

冬の姿

冬のカラーリーフとしての様子はこちら。
右上に申し訳なさ程度にある小さなダークリーフがオレガノ「ヘレンハウゼン」です。
現在の夏は濃い緑の葉も冬はこんな風に紅葉して赤黒い葉でした。
冬は画像を大量に撮りすぎて、逆にブログに全くアップできなくて。
どこにどのカラーリーフの画像があるのか探すのが困難で今のところこの画像を見つけましたがもっと良い画像がどこかにあると思います。

2020/2/21

ベロニカ「グレース」

冬の間はダークリーフとして活躍していたベロニカ「グレース」は初夏に花が沢山咲きましたが、その後も繰り返し花が咲いています。

8月の花

仕事で頻繁に留守にしている間に水不足で枝が随分枯れてしまいましたが、それでも生き残った枝に花が現在咲いています。
この子も4号ポットに入れて敷地の隅に追いやられている子です。本当は地植えにしてあげたり、大きな鉢に植えてきちんと管理をして年中楽しみたいのですが。

2020/8/20

冬の姿

冬の間はこんな感じでパンジーなどの寄せ植えに使われていました。
…って、日没頃の暗い中撮ったもので見えにくいですが、右上のかなり暗いカラーリーフです。
褐色の葉なので右上に写り込んでいる黒いドアに溶け込んでしまってよく見えないですね。

2020/2/20

下の画像では後方中央、濃いピーチカラーのストックの横の赤黒いリーフがベロニカ「グレース」です。

2020/1/16

この葉です。手前にある斑入りのカラーリーフはまた別の植物の斑入りヘーベー「ハートブレイカー」で、その奥の斑入りでない赤黒い葉が冬のベロニカ「グレース」です。

2020/1/16

初夏の姿

下の寄せ植え画像の後方にあるのがベロニカ「グレース」。
冬にはダークリーフだったグレースの葉も、初夏にはこんな風にちょっと暗めの艶のあるグリーンの葉になり蕾が出てきます。

2020/6/3

初夏にぱーっと咲いて、その後も夏になってもポツポツと2番花、3番花が繰り返し咲きます。

2020/6/11

ベロニカ「グレース」の5月の葉色と初夏の花の様子はこちら↓
こちらのページを開いたところでもベロニカの様子は見えますが、下の方にスクロールしてもその後のベロニカの様子が載っているのでよろしければご覧ください。

宿根キンギョソウ 「ブラック プリンス」

冬の間はブラックリーフとしてパンジーなどとの寄せ植えで活躍してくれたブラックプリンスも初夏に花が咲いてからポツポツと途切れる事なく花を咲かせています。

8月の花

管理人の場合庭もなく敷地にスペースがないため夏の間はポットに入れてお払い箱のように隅っこで一時待機してもらっています。
花が咲いたといってもちょっと寂しい咲き方なのですが、ちゃんとある程度の大きさの鉢に植えたり、地植えにできるだけのスペースがあるお庭の持ち主であればもう少し沢山花を咲かせて夏ならではの植栽も楽しめると思います。

2020/8/20

冬の姿

このブラックプリンスも冬の間はブラックリーフとして寄せ植えに活躍してくれていました。
下の画像の中央にある先端が紫がかった黒に近いようなダークグリーンの葉が「ブラックプリンス」です。
ブラックプリンスは3株あるのでもっと他にも寄せ植えで使っているのですが画像が大量すぎてとりあえずこれしか探せませんでした。

2020/3/2

初夏の姿

ブラックプリンスのベルベットのように細かい毛が起毛した赤い花はスマホの写メではなかなか捉えられません。
以下は初夏に咲いた時の花です。

2020/5/16

この柔らかな産毛の生えた花はスマホだと春の終わりの柔らかな日差しの下でやっと何とかそれらしく撮れるかなという程度。

2020/5/7

遅咲きのクリスマスローズと一緒に切り花に。

2020/6/3

このブラックプリンスの初夏の開花の様子や葉色も以下に載せています。

お庭かもう少しスペースがあればこの子たちも地植えにしたりちゃんとした鉢に植えて年中楽しめるのですが、敷地20坪とちょっとの土地に車も停めてあるような小さな敷地では購入した全ての植物を年中楽しむ事はできません。
管理人はこの3種の花を8月はちょこっとだけ楽しみましたが、敷地にスペースがあるおうちではもっときれいな花を初夏から夏の間楽しめるので、そういうおうちの方には冬のカラーリーフも初夏から夏のグリーンリーフとお花も存分に楽しんで見せて貰えると嬉しく思います。

いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)。にほんブログ村とブログランキングに参加しています。記事を読んだら下の2つのアイコンをクリック頂けると更新の励みになります☆

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

花・ガーデニングランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました