ネモフィラの鉢植えとベロニカ「 オックスフォードブルー 」その後

 
(↑ブログランキングとブログ村の2つのランキングに参加しています☆上の2つのアイコンを押して応援頂けると記事更新の励みになります(*^^*))

久しぶりの更新です。
もう春もだいぶ深まりチューリップは半分が咲き既に散った品種もあります。
寄せ植えの名脇役としても活躍するアジュガ「バーガンディグロー(バーガンディーグロー)」は開花する頃には葉の紅葉が抜けてグレイッシュな綺麗な斑入り葉を展開しています。

2021/4/2

おなじく寄せ植えに欠かせないアジュガ「ブラックスカロップ」も冬の間の黒光りするような真っ黒に近い葉がだいぶ退色して茶色っぽくなってきました。お花もこの通り。お庭があれば地植えにして少しだ群生させたいですが花後鉢に上げて管理しています。南向きの我が家では夏によく駄目になってしまい度々購入しています。

2021/4/2

クレマチス「コアクチリス」も開花が進むたびに蕾が少しずつ増えてまだまだこれから沢山楽しめます。

2021/4/2

アップするのを完全にさぼっている水色系ムスカリやスイセンたちも元気で既にかなり咲き進んでいます。

2021/4/2

先日アップしたネモフィラは少し花が増えてきました。

2021/4/3

ホームセンターで購入した花色が淡いタイプのネモフィラです。葉は画像では分かりにくいですが普通の青いネモフィラよりちょっとシルバーがかっています。

2021/4/3

葉色の感じは2週間前の下の画像の方が分かりやすいです。

2021/3/18

高さのあるゴフレット型の鉢に入れて徒長して枝が暴れ垂れ下がっても大丈夫なように少し高い場所に置きましたが、場所が狭いので暴れられると困るかも。。
春爛漫のコーナーですが、いつになくカラフルで今年の春の花は色が落ち着きません。それぞれ移動できる鉢も多いので構成はある程度変更できるのですが、車1台の駐車場のみというただでさえ狭い屋外スペースでその他の鉢の植え替えなどでごったがえしていてチューリップたちが集合すると賑やかになります。実際はもっとめちゃくちゃ花まみれです。

2021/4/3

日中に撮ったものは正視に堪えないくらい色がどぎついので朝焼けの中の画像にしました。
実際は他にもチューリップが咲いていて、想像より派手な色のものも多かったです。
本来は地味で落ち着いた色味の花が好きなので、狭い場所にカラフルな花をぎゅっと密集させると目が疲れてきます。
お庭があれば分散させてそれぞれの良いところをもう少し引き出してあげられると思うのですが。

2021/4/3

また自宅の話ではありませんが、ネモフィラの極小バージョンのようなトラノオ(ベロニカ)「 オックスフォードブルー 」は3月に見頃を迎えました。
・・・といっても見頃の頃のオックスフォードブルーの画像は撮れませんでした。
下の画像は最後の花が咲いて花色は青みが抜け散る寸前ですが、咲き始めの花はもっと青色です。
終わりかけた紫の花に混じって咲き始めのブルーの花がチラホラ少し見えるのが分かるでしょうか。

2021/3/31

終わった花茎を取ったらまた散って花が少なくなりました。
実はこの3倍くらいに広がりだらしなく伸びていたため冬にぎゅっと剪定して小さな茂みに戻したのですが、季節外れの剪定で短く切り詰めすぎて春に咲くか心配でしたが問題なく咲きました。
広がるのはいいのですが枝を長く伸ばしっぱなしにすると冬に見た時にくらびれてだらしなくなるので夏前にしっかり剪定し、秋口にも少し剪定した方がいいかなと思っています。
冬は葉が暗くなりカラーリーフとしても楽しめますし、綺麗なグランドカバーとして綺麗に整えておきたいものです。

2021/4/1

下は3月半ばの咲き始めの頃。冬に短く剪定した跡も見えますね。冬はダークカラーの葉色でこの時はまだ冬の葉色が少し残っています。
この青い花の絨毯を撮りたかったのですが自宅ではないので頻繁に訪問できず満開画像は撮れませんでした。

2021/3/12

下はごく一般的に流通している青いネモフィラ。まだ小さな株で開花が始まった頃の画像です。
花の大きさはベロニカ「 オックスフォードブルー 」よりネモフィラの方がずっと大きく花の形状・色も微妙に違いますし葉の形状や葉色も違いますが、共に春にやさしい青い小花をこんもり茂らせるように咲く様子はよく似ています。
この普通の青いネモフィラはよそのお宅にお嫁に出しましたが今頃はかなり茂ってきているのではないかと思います。

2021/3/18

ちなみに下の画像で見るとRhodesの家のネモフィラは向かって左、右の青いネモフィラはよく流通している青いネモフィラです。一般種は発色の綺麗なブルーの花に緑の葉、Rhodes宅のものは花色は淡く葉は少しシルバーがかったグリーンです。どちらもホームセンターで「ネモフィラ」と書かれてあった籠から選んだものです。

2021/3/18

庭がない、庭が狭い家では鉢植えや寄せ植えでネモフィラを楽しむ事になると思います。
寄せ植えもいいですがかなりボリュームが出て小さな鉢を占領してしまいそうなのと、ゆくゆくは乱れ徒長して枝垂れて欲しいので背丈のあるゴフレット型の鉢に植えるか、鉢を少し高い位置に置くか、ハンギングで栽培するのがいいと思っています。
乱れる姿も少し見苦しいようなら徒長した枝をカットしてその場に合った形に整えてもいいですしね。
対して背丈が低くよく広がるトラノオ(ベロニカ)「 オックスフォードブルー 」は地植えにしてグランドカバーのように使うのに適しています。

 
(↑いつもブログをお読み頂きありがとうございます(*^^*)。ブログ村とブログランキングに参加しています。上の2つのアイコンを押して応援頂けると記事更新の励みになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました