濃ピンクバイカラー八重パンジー「シュシュ」×デニムブルーのプリムラ「モネ」の小さな寄せ植え

 
(↑ブログランキングとブログ村の2つのランキングに参加しています☆上の2つのアイコンを押して応援頂けると記事更新の励みになります(*^^*))

今日はちょっとファッションのカラーコーデを意識して12月半ばに作った小さな寄せ植えの記事です。
出来としてはちょっと微妙でまだ花数も少ないですが自分で作ったので可愛さひとしお(*^^*)

Rhodesのパーソナルカラーはウインターなので暖色系や渋くておしゃれな秋色のトップスを着る事はあまりありませんが、若いころはそれでも秋冬には葡萄色(えびいろ)や濃紅ベースの大柄チェック柄のネルシャツ×デニムパンツ(ブラックorグレーデニム)を着たくなる事がありました。でもこの素敵な濃くすみピンク色はパーソナルカラー・オータムの色。私には似合わない色でした。なので買っても結局友達に譲って代わりに着てもらっていました。

こちらは今季新発売の八重パンジー「シュシュ (chouchou)」の中から、そんな着たくてもなかなか似合わないRhodesあこがれ?の葡萄色系のバイカラーの花が咲く株です↓
ちょっと光量不足で色がくすんで見えますがとっても可愛いお花。今日はファッションではあまり楽しめないこの素敵色の花を、ファッションの代わりに寄せ植えで色使いを楽しんでみたお話です。

(ちなみにシュシュが全てバイカラーの花が咲く訳ではなくこの株がたまたまバイカラーだっただけ。他のシュシュも買いましたが、お店で見た限りではシュシュの花色は一色または濃淡グラデーションかかった花色展開が多いようです。)

八重パンジー 「 シュシュ 」 double‐flowered panzy 'chouchou'
2021/12/13

明るいところでみるとこんなに可愛いお色です↓明るすぎて正面から写メを撮ると色がとんでしまったのでちょっと斜めからの画像です。
葡萄色とホワイトのバイカラーでしっとしりた花色なのにカジュアルでポップな印象の八重パンジー「シュシュ」とデニムカラーの濃青色のプリムラ「モネ」を見てそんな頃を思い出して早速小さな寄せ植えにしました。

『八重パンジー シュシュのバイカラータイプ』

八重パンジー 「 シュシュ 」 double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2022/1/15

×

『プリムラ「モネ」のデニムカラー』
(写メだとどうしても紫に写ってしまいますが実物はもっと青寄りの濃いネイビーカラー)

プリムラ モネ primula navy blue
2021/12/18

||

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/12/18

こっくりしたダークなピンクやレッドのチェック柄のトップスに合わせたデニムは濃紺のデニムカラーではなくブラックデニムでしたが、デニムといえば紺なので今回はブラックではなく紺色を。葡萄色×デニムブルーの組み合わせが若々しくてなかなか可愛い。本当はもう一回り大きな鉢でもう少しボリュームを出して作れたら素敵だったのですが、1株ずつしかないので今回は単にこの2つの花を合わせたミニ寄せ植えをつくりました。似たパンジー2株くらい使ってもう少し大きな鉢でこんもりボリュームを出して作りたかったのですがそう簡単に希望の株を揃える事はできませんよね。

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/1/15

まだかわいい濃ピンクのバイカラー八重パンジーの花数が少なくて寂しいですが、ちょっと可愛らしい、若いお嬢さん!?のような雰囲気が伝わるかな?パーソナルカラーウインターの私には自分で楽しむ事ができなかったカラーコーデを寄せ植えで実現してみました^^
デニムカラーはともかく、この素敵な濃いピンクはパーソナルカラーがウインターのRhodesはファッションでトップスでは着る事ができない色でした。着れないからネイルなどで楽しんだりもしましたがいまいち似合わず。しっとりした深みのあるオータムカラーはパーソナルカラーがウィンターの私はあまりファッションに取り入れる事ができませんが、顔から離してボトムスに持ってくるのは何とかOK。このこの濃いくすみピンクをもう少し濃くした色のデニムは今でもたまに履きます。

ファッションのカラーコーデの話はさておき、この八重パンジー・シュシュは冬はなかなか花数が増えません。でも花は寒さにもマケズとっても長持ちで本当に綺麗。雪の日は室内に入れましたがそれ以外は屋根のないテラスに野ざらしでも花も葉もほとんど傷まず綺麗です。

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/1/15

一方、プリムラは寒さで花も葉も傷みます。これ以外にも結構痛んで使えなくなってしまったプリムラのポット苗があります。このデニムブルーのプリムラ「モネ」は今はネイビー色の花も寒さで色褪せ葉も傷んでいます。特にポット苗のままで外に置きっぱなしにすると今年の冬は駄目で浅いひさしの下でもポット苗むきだしだと全ての葉が駄目になってしまったものもいくつかあります。ここ2年ほど関東での暖冬ボケですっかり油断して駄目にしてしまったポットのままの花苗が沢山ありますが、できればポーチの下など屋根のある場所でかつ風が入る場所は不織布をかけてあげないと今年の冬は駄目でした。

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/1/20

アリッサムの脇で指で持っているのはちょっと葉に泥が付いていたままのリシマキア・ペルシャンチョコレート。ダークカラーの枝垂れるカラーリーフとして使いましたが果たしてこのリシマキアに良い香りがする小さな黄色の花が咲く5月までこの寄せ植えは持つでしょうか。

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/12/18

寄せ植えには他に斑入りヤブコウジ(十両)やレモンアンティークカラーのアリッサム、暗色系のミニ葉牡丹などと一緒に寄せてあります。
他にも背丈低めの白八重チューリップ「マントタコマ」の小さめ球根も後ろに少し植え付けました。いや、別のアプリコットカラーのチューリップだったかな?ちょっと忘れてしまいましたがチューリップの球根を少しだけ植え込みました。今回の寄せ植えは鉢に対して中の植物が多めです。植えた時点で根鉢同士がギュウギュウで無理やり詰め込んだという訳ではありませんが、鉢の直径がもう5センチくらい大きい方がしっくりきます。

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/1/26

鉢は葡萄色(えびいろ)のシュシュの花に合わせてこっくりした濃いめの温かみのあるピンクのブリキ鉢を使いました。もう少し大きな鉢が良かったのですが売り切れていたため諦めて小さなサイズの鉢にしました。普段ファッションやインテリアであまり使わない色をこうして寄せ植えに取り入れてみるのも新鮮で楽しい時間です。

プリムラ モネ ネイビー × 八重パンジー シュシュ ダークピンク 寄せ植え winter container double‐flowered panzy 'chouchou' dark pink
2021/1/26

今回使ったシュシュは咲き始めは濃いピンクレッド×クリームホワイトのバイカラーで若々しい配色ですが咲き進むと淡くて少し渋い大人っぽいくすみピンクのお花になります。咲き始めのカジュアルな雰囲気のバイカラーの八重パンジーに惹かれました。元気なバイカラーで開花後、徐々に退色してアンティークピンクになってゆく様は、この花色の変化も若々しく可愛らしい女の子から大人の女性への変化していく様子のようでそこもまた素敵です。濃ピンク×バイカラーというのは八重パンジーでは少し珍しいように思います。

panzy chouchou dark pink
2021/1/26

寒くてなかなか綺麗に咲きそろっていませんが、シュシュの花数が増えて賑やかになる日を楽しみにしています。小さな鉢でも根が少し張ってきて野ざらしの割には傷みが少ない方ですが、寒さが増す今週末の夜は室内に取り込んだ方がいいかもしれません。

 
(↑いつもブログをお読み頂きありがとうございます(*^^*)。ブログ村とブログランキングに参加しています。上の2つのアイコンを押して応援頂けると記事更新の励みになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました